社員インタビュー

管理部 打越 千晴画像 管理部 打越 千晴画像

経理や財務だけでなく、他部門と協力してシステム改善や業務効率化を提案

管理部 打越 千晴

大学卒業後、ベンチャー企業や上場企業の子会社等の経理部門で10年以上の経験を積み、主に経理や決算業務を中心に、内部統制や管理に従事。社内ルール作りや管理系の各種システム導入など幅広い業務をこなし、2018年12月にKIYOラーニングに入社。現在は管理部で経理業務を担当。趣味はカフェ巡りとカンフー映画鑑賞。

── KIYOラーニングを選んだ理由は? ──────────

面接官や綾部社長のお話を聞き、この会社は今後どんどん伸びていくに違いないと確信

面接時に、面接官や綾部社長のお話を聞き、この会社は今後、どんどん伸びていくに違いないと確信しました。まだ小規模な組織だったので、今までの自分の経験が役に立ち、また自分自身も成長でき、調子が上がっていくような気がしました。今もその思いに変わりはありません。

── 仕事の内容とやりがいは? ──────────

経理や財務、業務効率化の提案など自分のやれる範囲が広いことにやりがいを感じています。

管理部 打越 千晴画像

管理部門で、主に経理や財務の業務を行っています。本格的に上場を目指す段階で入社したのですが、取締役会や株主総会に報告するため、いろいろな会社経営に必要な数値を毎月集計し、それらの予実分析や要因分析を行っています。

まだまだ人数が少ないので、経理業務だけでなく、数値集計の基礎となる管理系システムの不具合を見つけ、情報システム部門のメンバーと対応したり、営業部門のメンバーに数値集計の業務効率化の提案をするなど、自分のやれる範囲が広いことにやりがいを感じています。

── 当社でチャレンジしたいことは? ──────────

上場できたので、今後は自分自身で必要な開示書類をすべて作成できるようになりたい

管理部 打越 千晴画像

入社時は、上場を目指すことについては漠然と「そうなんだ」くらいにしか思っていませんでした。ただ、上場準備が進み、監査法人や証券会社など専門家のメンバーとのコミュニケーションや、上場申請書類のためのデータ集計や過去の数値を整備していくにつれて、強く上場や上場後の役割を意識するようになりました。

今回、無事上場できたので、今後は自分自身で決算短信や有価証券報告書など上場会社に必要な開示書類をすべて作成できるようになりたいと考えています。