社員インタビュー

法人事業部 部長 佐藤 淳画像 法人事業部 部長 佐藤 淳画像

一緒にグローバル・スタンダードとなるサービスを世界に発信しませんか。

法人事業部 部長 佐藤 淳

海外での業務経験が長く、上海を中心に、中国、東南アジア等の現地法人で、経営としての事業運営、新規事業開発を中心にキャリア形成。英語、中国語を活用し、異文化・異言語を含む不確実な環境下での業務遂行経験が豊富。その後、国内上場企業で海外事業、国内新規事業の立ち上げに従事、事業企画、予実管理、営業戦略立案を行い、2020年5月にKIYOラーニングに入社。

── 当社サービスの特性は? ──────────

社内エンジニアとの距離が近く、新機能開発やサービス開発がスピーディーに展開出来る柔軟な体制

当社の法人向けサービスであるAirCourse(エアコース)は個人向けのスタディングと同様、独自のラーニング・テクノロジーに基づく社員研修向けクラウドサービスを幅広い企業に提供しています。社内研修コンテンツも日々充実させており、また社内のエンジニアとの距離が非常に近く、様々な新機能開発やサービス開発が、スピーディーに展開出来る柔軟な体制も当社の強みの源泉です。

── 当社サービスのビジョン、展望は? ──────────

世界に通用するサービスに育て上げ、新たな学びの形を実現してゆきたい

法人事業部 部長 佐藤 淳画像

当社の法人向け事業のプラットフォームは、グローバルでの利用を想定しているクラウドサービスであり、将来の海外展開を視野に事業を拡大しています。今後は、当社からの直販だけでなく、国内外問わずサービスのOEM提供、他社のクラウドサービスとの連携など、幅広い事業展開を計画しています。また、現状の学習管理システム(LMS)の枠にとらわれず、未来の新たな学びの形を実現するために、新たな挑戦を日々繰り返しています。これら事業を通じ、世界に通用するサービスに育て上げ、新たな学びの形を実現してゆきたいと考えています。

── 当社法人事業部で求める人材は? ──────────

「オーナーシップ」「柔軟性」「達成思考」この3要素をベースに、共に推進してくれる方を求めています。

法人事業部 部長 佐藤 淳画像
AIやブロックチェーンなどのテクノロジーの発達に伴い、私たち"人"に求められるものは高度になることが予想されます。このような変化の激しい環境の中で、私たちが求める人材の要素は、「オーナーシップ」「柔軟性」「達成思考」の3点です。
  • オーナーシップ:あらゆる課題に対して、環境や他人の責任にせずに、自身の問題として取り組む事ができるか。
  • 柔軟性:次々と変化する環境下で、自身の考え方を調整し、行動を変化させ、新たなことに挑戦することができるか。
  • 達成思考:困難な環境下でも、目標を達成することにこだわり続けられるか。
上記の3要素をベースに、テクノロジーを活用したビジネスの仕組みづくりを、共に推進してくれる方を求めています。

不確実性が高く変化の激しい現在の環境下で、私たちの組織も常に変化をし続けています。この環境下では、アイデアと行動力があれば、挑戦できる領域は非常に大きいです。是非当社で多くのチャレンジをしていただき、共に世界に通用するサービスを育ててゆきましょう!