トップメッセージ

KIYOラーニング株式会社は、2020年7月15日、東京証券取引所マザーズに上場いたしました。

ここに謹んでご報告させていただくとともに、これまでの皆さまのご支援、ご高配の賜物と心より感謝申し上げます。

当社は、「学びを革新し、誰もが持っている無限の力を引き出す」をミッションに掲げ、2008年の事業開始以来、一貫してIT技術を使って人や組織の学習を革新する事業を展開してきました。

人は何も持たずに生まれてきます。生まれたままの状態では、生きていくことも、価値を生み出すこともできません。私達が会社で働いたり、商品・サービスを創り出したり、経済的価値を生み出したり、社員や株主等のステークホルダーが分配を受け取ったり、家族を養ったりできるのは、すべて人が生まれた後に「学習」した事から生み出されたものです。つまり、「学習」こそが、人間の全ての活動の根幹といえます。

にもかかわらず、私達はこれまで「学習」というものを真剣に考えてこなかったのではないでしょうか。

当社は、この「学習」の革新・効率化を突き詰め、IT技術を使った革新的な学習サービスを提供することで、人や組織の進化に貢献していきたいと考えています。最終的には、当社のビジョンである『世界一「学びやすく、分かりやすく、続けやすい」学習手段を提供する』の通り、世界に誇れるような企業にしていきたいと考えております。

当社の現在の事業は、2つの柱があります。主に個人向けのオンライン資格講座「スタディング」と、法人向けの社員教育クラウド「エアコース」です。

どちらの事業も、共通する組織能力である「ラーニングテクノロジー」をベースに事業展開し、高い成長率で成長してまいりました。学習システム開発力、学習コンテンツ開発力、Web販売力、ローコストオペレーション、AIによる学習最適化の5つが「ラーニングテクノロジー」であり、「IT技術を使って学習を革新する」のに必要な組織能力です。

当社は、今後もこの「ラーニングテクノロジー」を強化しつつ、個人向け、法人向けの両事業においてサービス力を強化し、今後も高い成長を継続することで企業価値を高めていく所存です。

このたび、株主の皆様を新たなステークホルダーにお迎えでき、心より嬉しく思います。世の中に大きな価値を生み出すパブリックカンパニーになれるよう、役職員一丸となって全力で努力してまいります。

今後とも、より一層のご指導ご鞭撻を賜りますよう、心よりお願い申し上げます。

代表取締役社長
綾部 貴淑